[ご案内][商品紹介][お買物] [リンク] [ホーム]
人の一生と和菓子
区分
解説
当日及び返礼
用の菓子
帯祝い 妊娠5ヵ月目の戌の日に帯祝を行うが、戌のお産のように軽く済むようにとの意味から、この日が選ばれている。母になる不安、喜び、期待を一身に受けて、丈夫な赤児でありますようにとの願いが、この帯祝にこめられています 帯しめだんご
赤飯 紅白餅
出産祝い
3ッ目
お七夜
後3日目に3ッ目のおはぎを近所に配る。7日目に仲人、親戚、知人を招き命名の披露を行ない祝う 3ッ目のおはぎ
赤飯
お宮参り 男児31日目、女児33日目に行うのが一般的である。この日は、母親が子供を前抱きにして氏神様に参拝し、子供の無病息災を祈願する。 鳥の子餅
紅白饅頭
鶴の子餅
食い始め 生後100日目か120日目を迎えると『食い始め』の行事を行う。 赤飯
誕生祝い 生後一年目を迎えた初誕生日には、1升の餅を、お供え餅よりやや低めに丸め、食用紅で『寿』の文字を書き、風呂敷に包んで幼児に背負わせる。 誕生餅
初節句 誕生して最初に迎える節句で、女児は3月3日 桃の節句あるいは雛の節句ともいう。男児は5月5日 端午の節句 菖蒲の節句という。邪悪を除く菖蒲と、葉の落ちない柏により子供の繁栄を祈る日。 桜餅 草餅 
菱餅 雛あられ
雛菓子柏餅 
ちまき
七五三 男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳に毎年11月15日を吉例としてお祝いする。昔は男女とも3歳になると、初めて髪を伸ばすので『髪置祝』といい、男児が5歳になると初めて袴をつけるので『袴着祝』と言った。又、女児が7才になると、着物の結び紐を取り除いて帯を結ぶようになるので『帯解き』をする。この日は新しい衣服を着て千年までも長生きするように神に祈る。 千歳飴 鳥の子 赤飯 他
入学
卒業祝い
幼稚園 小学校 中学 高校の入学・卒業は、少年・少女が社会に生きていく節目であり、それを祝うことは、親にとっても子供の成長を喜び、子供たちにも改めて自覚をもたせるという、意義のあるお祝いです。家族なども祝ってくれるが、本人もお世話になった人達へお礼する。 赤飯 紅白饅頭
鳥の子 他
就職祝い 高校、大学などを卒業する、それぞれ就職するが、これを祝って家庭では赤飯にお頭つきのはね鯛を食前に添えて内祝いする。一方就職先では入社式を行う。 鳥の子餅 赤飯
紅白饅頭 
記念品
成人祝い 昔は15歳になると前髪をそりおとして、まげを大人風にするが、これを元服といった。現在は、男女が満二十を越えると成人を祝って、毎年1月の第二月曜日に市町村が公民館や公会堂などに招き祝う。 紅白饅頭 赤飯 他
結婚祝い 男女が結ばれて、晴れて2人が人生の新出発をする大切な祝いである。 祝用引菓子 紅白饅頭羊羮 三ッ盛快気祝い病気全快したら、内祝いとして返礼する。 赤飯 鳥の子
紅白饅頭 他
上棟式 建て前 家の骨組みが出来たのを祝って、大工、鳶職などに祝い酒をふるまい、子供に餅を投げる。お供え餅 赤飯 投げ餅 鳥の子新築祝い開店祝い知人を招いてお祝いする。 紅白餅 鳥の子赤飯 羊羹 他


賀の祝い


古くは、40歳(初老)、50歳、60歳、70歳、80歳と10年毎に行う定めがあったが、足利時代の末期から42歳(厄払い)61歳、70歳、77歳、88歳に祝うようになった。

@還暦祝(かんれき)(60歳)
千支(えと)が、一廻りして生まれた年に返る意味で"本け返り"(ほんけがえり)とも言って、赤飯、鳥の子餅それにちなんだ引き菓子などが用いられる。

A古稀祝(こき)(70歳)
中国の杜甫(とほ)の詩の"人生七十古来稀也"(まれなり)の意味から引用して、満70歳を迎えるとお祝いする。菓子は前記と同様でよい。

B喜寿祝(きじゅ)(77歳)
喜寿の"喜"は草書体で"@"と書くように、七十七の組み合わせから、77歳にお祝いする。この祝には、赤い頭きんと赤いちゃんちゃんこが贈られるが、菓子類は前記と同様でよい。ただし引き菓子の場合は、いずれか1個に"喜"の字を用いるのが良い。

C米寿祝(べいじゅ)(88歳)米寿の意は、米の字が八十八の組合わせに見えるところから、88歳にお祝いする。菓子は前期同様の物が用いられるが、引菓子の意匠には、いずれか1個に米俵をあしらうと喜ばれる。

D白寿祝(はくじゅ)(99歳) 白寿の白は、百の字から1を取り除くと言う意味から、99歳にお祝いする。この祝に用いる菓子も前期と同様で良いが、引菓子の意匠は、相生い(あいおい)の松、高砂のほうきと熊手、鶴亀などを表現するのが良い。掛紙は、銀地に白抜きの寿を99字入れたものを使用し、紅白の紐または水引きで相生結びにするのが良い。

仏事 法要


人生は生者必滅であるから、一生を閉じた時には丁重に弔い、以後の年忌日には必ず法要を営み、冥福を祈るのが子孫の努めである。

@通夜 見舞
死去した時、親族、友人、知己(ちき)の見舞いを受けて通夜が営まれ、盛り菓子、茶菓子等が用いられる。会葬者には、青白饅頭等が配られる。

A葬礼
当日は、宗教の儀式によって手厚く葬られるが、この日に盛りだしと言って会葬者には、青白饅頭等が配られる。

B香典返礼
五七日忌(35日)の供養を済ませると、お礼状を添えて香典返しをするが、遠隔地には、それにふさわしい商品が使われるが、菓子の場合は、青白饅頭などを用いることが多い。

C法要
法事は、初七日、21日、35日、49日、百か日、1周忌に行われるが、以後3回忌、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、37回忌、50回忌、百回忌などに法要が営まれるが、50回忌からは、菓子に赤いものを用いても差し支えない。49日の法要には、49餅を供える。前記年回忌に用いる菓子の場合は、年回に相応しい意匠の菓子を詰め合わせ、青白か焦げ茶と白の染め分け、又は白無地に蓮の花、蓮の葉、水など浮き出し模様の掛紙に"志"の文字を入れ、名前を印刷し、黒白の房紐又は水引で引き結びにする。

☆出日のおはぎ
病気、入院など療養中に死去されて、快気祝いをお返しできなかった方々に、死去された日から1ヶ月目に出日のおはぎを配ばる。


すべて上記の事は地域により異なります。


[ご案内][商品紹介][お買物] [リンク] [ホーム]